Menu

当店自慢のタイヤ交換

Home
タイヤ交換 | 愛知県半田市のタイヤ専門店ミスタータイヤマン住吉

当店自慢のタイヤ交換

ミスタータイヤマン住吉のこだわりのタイヤ交換作業

タイヤのプロである私どもはこんなところにも注意を払って丁寧正確に作業しています。
お金を頂く以上これくらいの細心の注意をはらうのは当然だからです。

リフトアップ

リフトアップ

リフトアップは4機のリフトで車のリフトアップポイントに確実にセッティングし傷つけないよう正確にリフトアップします。

ホイールに傷がつかないように慎重にナットをはずします。

ホイールに傷がつかないように慎重にナットをはずします。

タイヤを車からはずすときはお客様の大切なホイールを傷つけないようホイールのナットまわりにレンチが当たらないか確認して一つずつインパクトレンチにて慎重にはずします。

タイヤとホイールの取り外し

タイヤとホイールの取り外し

ランフラットタイヤにも対応する剛性の高い最新鋭の機械にて充分な知識と経験を積んだプロのスタッフがタイヤ交換を正確・丁寧に行います。
当店では決して経験不足のアルバイトがタイヤ交換作業は行いません。

ホイールのふちのゴムの焼きカスを点検します。

ホイールのふちのゴムの焼きカスを点検します。

ホイールのふちにゴムが焼きついてカスが付着している場合が多くあります。
当店はキレイにブラシにて掃除してからタイヤを組み込みいたします。 これがのちのちのリムからのエア漏れを防ぎます。

ここまで細心の注意を払ってのタイヤ交換をするのがプロです。

ゴムバルブを点検します。

ゴムバルブを点検します。

ゴムバルブを手でゆすって目で確認します。
この時亀裂やぐらつき、老化が確認できれば即新品に交換します。
またバルブを交換する際はバルブの後が腐食している場合は、そこを磨いてから新しいゴムバルブと交換します。
当店ではゴムバルブもタイヤと同じで何年もすると劣化する消耗品ですのでタイヤ交換時に新品に交換をお勧めします。

空気圧は一気に3~5キロ入れてから規定の空気圧に調整します。

空気圧は一気に3~5キロ入れてから規定の空気圧に調整します。

新品タイヤとホイールを完全にフィットさせるために空気圧を規定の倍近く上げ、そして規定の空気圧に調整します。

これをしないと走行している間にじわじわと完全にフィットする事になり、結果アンバランスの原因となります。

世界一のバランス測定機シェンクにこだわってバランス調整します。

世界一のバランス測定機シェンクにこだわってバランス調整します。

バランスのウエイトが残ったままでバランス調整している店も有るようですが全く正確なバランス調整は出来ません。
当店は全てのバランスウエイトをはずしてから測定、調整を行います。
またウエイトはホイールとタイヤの間にはさまる異物ですので、ここからエア漏れを起こす事もありエア漏れしてないか点検します。
シェンク社製のバランサーは世界特許にて横回りにてバランスを測定しています。
横置きの横回りのセティング方法だから取り付け誤差が発生せず世界一の精度を可能にしています。
当店は40年来シェンクのバランスにこだわっています。

車への取り付けは十字レンチにて手で均等に締め、
仕上げにトルクレンチで規定のトルクで正確に締め付けます。

車への取り付けは十字レンチにて手で均等に締め、仕上げにトルクレンチで規定のトルクで正確に締め付けます。

インパクトレンチ(機械)で一気に締め込むと、ボルトナットを傷めてボルトを折らないと外れないという事態にもなります。

またホイールセンターが出にくくハンドルや車体に振動が出る場合が多い為、当店はどんな車も必ず手で締め込み仕上げにトルクレンチにて規定トルクで正確・丁寧に締めます。

リフトダウンとタイヤワックス仕上げに最終チェック。

リフトダウンとタイヤワックス仕上げに最終チェック。

リフトダウンをしてブリヂストン製の
タイヤワックスにて仕上げを行います。

この時にナット、ホイール、タイヤ等最終チェックを致します。